ボトックス治療の持ち時間について

ボトックス治療の持ち時間について

ボトックス治療は皺を減らしたり、小顔にしたり、多汗症を解消できるなど利点が多い美容方法の一つです。施術時間も短く、費用も少なくて済むので人気がありますが、治療には効果が期待できる持ち時間があります。

ボトックスはボツリヌス菌から筋肉の動きを押させる成分を抽出したものですが、顔の筋肉に注射することで動きは抑えられますが、筋肉は新陳代謝するため、ボトックスが効いている対象の筋肉が更新されるために効果の時間が限定されます。

体質によりますが、数ヶ月から半年程度で効かなくなると言われています。手術を伴う美容手法の場合は一生効果があるというものもありますが、ボトックス治療の場合は効果がなくなったら再度ボトックス注射が必要です。定期的な注射が嫌だという方も多いのですが、美容手法のほとんどは定期的なメンテナンスがかかせませんし、人の体は年齢とともに変わっていくのでカウンセリングはボトックスだけではなく必要ですので、注射についてもカウンセリングのついでに行うと考える方も多いようです。