ボトックス治療と筋肉の動きの関係

ボトックス治療と筋肉の動きの関係

人間の身体の中には筋肉が在ります。神経細胞からアセチルコリンと呼ばれる物質が放出され、筋肉が動くことなります。しかし、アセチルコリンが過剰に放出されることで緊張の状態になるのです。

また、アセチルコリンが過剰に出ることで筋肉は必要以上に動くことなり、これが原因でしわが出来ることになります。

最近美容皮膚科などで行われている施術の一つにボトックス注射によるしわの治療が在ります。ボトックスと言うのは、ボツリヌス毒素から抽出された有効成分で、タンパク質の一種です。

このボトックスをしわのある場所に注射器を使って注入する事でしわが目立泣くなるのですが、ボトックスを注入してしわが目立たなくなる原理と言うのは、アセチルコリンを抑制する効果があるからなのです。

アセチルコリンを抑制する事でしわを目立なくする治療効果を得られるのです。また、ボトックスは注射器を使って注入するだけでよいので、プチ整形とも呼ばれているのです。