ボトックス治療の保険適用について

ボトックス治療の保険適用について

ボトックス注射による治療の一部が保険適用になりました。保険適用になった治療は多汗症についてです。ボトックスはボツリヌス菌から抽出した筋肉を抑える成分ですが、これまで美容手法の一つとして顔の皺を取ったり、小顔にする効果を期待できるとされていました。皺はたるんだ皮膚を筋肉が無駄に引っ張ることが原因の一つのため、筋肉の動きをボトックスで抑えることで皺を減らせます。また、小顔効果については、顔の筋肉が動きすぎると筋肉が発達して顔が大きくなるため、ボトックスで適切に筋肉を抑えておけば筋肉量が減り、顔が小さくなることが期待されています。多汗症の原因は、多角的な理由が考えられていますが、一部の要因に筋肉の動きがあげられています。筋肉の動きを適正にできれば汗をかく量も減るので多汗症を解消できると考えられています。多汗症は精神的な理由も多々ありますが、筋肉の動きが収まって汗の量が減っていけば、精神的にもよい効果が期待できます。