ボトックスを使用したしわの治療方法

ボトックスを使用したしわの治療方法

しわの治療として、ボトックスを使用した方法があります。ボトックスとは、ボツリヌス菌毒素を使用した治療であり、これには神経伝達物質であるアセチルコリンの伝わりを弱くし、筋肉を麻痺した状態にする効果があります。

そのため、表情筋のような筋肉の動きによって作られるしわに対して効果があります。施術箇所などによって差がありますが、注射にかかる時間は5~10分と短く、ダウンタイムもほとんどありません。

そのため、入院の必要がなく、手軽に受ける事ができます。副作用やアレルギーが起きることもほとんどありません。注意点として、ボトックス注射による治療は一時的なものであり、効果は半年から1年程度になります。また、筋肉を麻痺させるため、表情が作りにくくなることがあります。

しかし、効果が切れればこれも回復します。効果を継続させるには定期的に注射する必要がありますが、短期間に注射するとボトックスに対する抗体ができてしまい、効果が出なくなります。そのため、3か月以上は間を空けるように注意します。

ボトックス治療の料金について

料金について

皺を減らし、小顔になり、多汗症にも効果的だと注目されている美容方法にボトックス注射があります。

ボトックス注射はボツリヌス菌から抽出した成分が筋肉の動きを押させる効果があることを利用して、顔の筋肉の動きを抑えて筋肉が皮膚を引っ張って皺にすることを防ぎ、無駄な筋肉の動きを抑えることで多汗症を防いだり、筋肉の発達によって顔が大きく見える事を防ぎます。人気アップ中の美容方法のボトックス注射ですが、他の美容手法に比べて費用も安いという点も人気の要因の一つのようです。

他の美容方法、例えばフェイスリスト等は手術が必要なので費用も数十万から数百万まで効果によって価格が変わりますが、ボトックス注射は数千円から始めることができ、お手軽な料金で治療ができると喜びの声が多い手法です。ただし、ボトックス注射による治療の効果は期限がありますので、早ければ数ヶ月、遅くとも半年で効果が切れるので定期的な注射が必要となりますが、手術に比べると安いようです。